尾行と張り込みの調査

京都 浮気調査

既婚者が配偶者以外の異性とひっそりと会っていても性的関係がないならば不貞行為と言えるものとするのは難しいと言えます。それ故に損害賠償などを請求することを計画しているのであれば動かぬ証拠が要求されるのです。
ターゲットが車やバイクで別の場所へと移動する時に、どこにいるのかを知っておくために小型GPSなどの追跡機材をターゲットの車に無断で仕掛ける方法は、本来の使用目的とは異なる使い方であるため明らかに違法となってしまいます。
情報収集のための尾行と張り込みの調査をすることが軽犯罪法で定められている「違法な付きまとい」にあてはまる危険性もあるので、滞りなく調査行動を遂行するにはきめ細かな配慮と安定した技量が望まれます。
調査のお願いをするにしてもしないにしても、感情を交えずにご主人の不審な動きについて専門の業者に無料相談の窓口で聞いてもらい、浮気といえるものかどうかについての専門家からの助言を頼んでみるのもおすすめです。
一般に言われる浮気調査とは、夫もしくは妻や婚約または交際している相手に他の異性との不貞行為の疑念が生じた時に、実際はどうであるのかを確かなものとするために秘密裏に行われる追跡や情報集めなどの行動のことを指します。