不倫相手がどういう人物であるか

京都 浮気調査

不倫相手がどういう人物であるかがわかった場合は、浮気した配偶者に損害賠償等を要求するのは当たり前ですが、浮気相手の女にも損害賠償や慰謝料などを求めることができます。
依頼する探偵社によっては日単位での契約に対応してくれるところや、調査パックとして最低でも1週間の契約を設定している事務所とか1か月以上もの調査期間で受け付けるところもあるため下調べをする必要があるかもしれません。
探偵事務所は調査にかかるコストと調査能力の間に比例関係が全く存在しないケースが相当たくさんあるので、口コミのサイトや比較するサイトをチェックして複数の業者を検討してみることが必要になります。
浮気調査に関しては、蓄積された多くの経験と全国津々浦々に支店を有し頼れる組織網や自社雇用の信頼できる人材を有する探偵事務所が頼りになると思います。
探偵社の数は多いですが調査に関する腕やスキルに無視できないレベルの格差があり、どの協会に属しているかであるとか事務所の規模の大小、料金体系により一様に決めるとこはできないという依頼する側からすると厄介な悩みもあります。