男性の浮気について

京都 浮気調査

男性の浮気については、奥さんに大した難点はなくても、生まれつきの本能でたくさんの女性に遺伝子をばらまきたいという強烈な欲求があったりして、自分の家庭を持ったとしても自分をコントロールできない人も存在するのです。
男女が逢瀬を重ねていたとしても性的関係が立証されなければ不貞行為と言えるものとはいえません。ですから確実に慰謝料をとることを念頭に置いているなら明らかな裏付けが示されなければなりません。
不倫という行為は民法第770条で挙げられている離婚事由に当たり、不倫により家庭が崩壊したのであれば結婚生活上のパートナーに裁判に持ち込まれる状況になることもあり、損害賠償や慰謝料などの民事上の責任を負わなければなりません。
会う機会の多い妻の友人や会社の同期の女性など身近な存在の女性と浮気をしてしまう男性が増えているらしいので、夫の弱気な言葉に静かに相槌を打っているような女性の友達が実際は夫を寝取った張本人という事例も最近では珍しくないのです。
浮気の定義とは既婚者同士の関係に限らず、男女交際に関して公認の恋人とされる人物と恋人関係であるという状態を保ちつつ、断りもなくその人とは違う相手と男女として交際するという状況のことです。