夫の浮気調査の事例

京都 浮気調査

夫が浮気不倫しとるっては想像すらしていなかったよめはん。せやけど、夫の浮気の疑惑はやる日突然降りかかってきよったさかいした。夫の浮気を疑い探偵・興信所に浮気調査を依頼したよめはんが知った真実っては・・・

 

浮気調査を探偵に相談したきっかけっては

 

 

 依頼者のよめはんは千葉県に住む30代半ばの主婦やった。夫は自営業をしており、営業でぇ千葉〜東京を忙しく動おっており、出張も多いやうやった。

 

 やる日の夕方、よめはんが帰宅やるって夫が珍しくはよ帰宅しとるこってを知ったんや。
 よめはんは夫を驚かすために、2階の寝室におる様子の夫の方へもん音をたてんとそっって階段をやがっていったちゅうワケや。
 やるって、部屋から夫の話声が聞こえたちゅうワケや。

 

 よめはんは、携帯電話でぇどなたはんかって話しとる夫の声を耳にやるって、明らかにどなたはんかタレの人って会話しとるやうやったのや。夫はしまいに電話のタレ性に「ほな、明日な。ちゃんって戸締りをしなや」って話しとったのや。

 

 よめはんは、もう放心状態やった。「夫は浮気しとる・・・。なんで?いったい相手ぇはどこのどなたはんや」そない心の中でぇ叫んでぇおったのや。
 よめはんは、そっって1階におりうちをもっかい出て、夫の浮気調査をやる決断をし、外から探偵・興信所を調べてMKリサーチにご相談されてきよったのや。

 

 「探偵はん、夫は明日浮気相手ぇって思えるタレ性って必ず接触するわ。夫って浮気相手ぇっての電話を聞おってしもたのや。夫はうちには出張って言うていますわ・・・」